我が家の寄植え。1年間で別人になりました。

多肉のこと

2022.10.3

今回は寄植えです。

秋になり紅葉し始めると、色とりどりの多肉を集めて寄植えしたくなってきます。涼しくなって作業もしやすい。大好きな季節の到来で気分も上がっております。

我が家の寄植え、早くも秋色に染まってきました。多肉にハマった1年前に初めて作った寄植えです。

ぐんぐん成長していてバランスは悪くなってきていますが、1つ1つはとっても可愛く育っています。でも窮屈そうなので、この秋に手直ししようと思っています。

ちなみに1年前に寄植えしたのがコチラ↓

2021.9 当時手元にあった多肉を集めて初めて作った寄せ集め寄植え

【使った多肉】ピンクルルビー・マッコス・立田・プロリフェラ・だるま秋麗・虹の玉・グリーンネックレス・その他セダム

1年で別人のように変化しました。今回は暑さにも寒さにも強い品種ばかりなので、ほったらかしていました。さほど気を遣わなくても、気がついたら可愛くなってた!という状態です。手間もかけずに可愛くなるなんて最高です。もちろん気をつけてあげたい品種もありますのでご注意を。

品種によってお水が大好きな品種と乾いた環境が好きな品種があるようですが、寄植えにするとお水が好きな品種がどんどん水を吸って、乾き気味が好きな品種にも良い環境が保てるのだとか。

この虹の玉なんてキレイに色づいてプリプリで、めちゃくちゃ可愛くないですか?

ピンクルルビーはギュッと丸くなって美しいです。

多肉植物は上手に育てれば、長い間かわいい状態を維持できます。それが私にとっては最大の魅力です。植物が枯れると気分が落ちてしまいますよね。お花はきれいに咲いているときはとっても癒やされます。でもその美しさを維持するには手間暇かかるのでいつも枯らしてしまって。。。幾度となく可哀想なことをしました。植物を育てるのは私には向いてない!と思っていましたが、多肉植物はこんな私でも元気に育ってくれています。旅行中や帰省中に元気がなくなってしまうなんてことも今までありませんでした。

これから多肉植物がぐんぐん成長する秋。楽しみたいと思います。

お読みいただきありがとうございました♪